Now Playing Tracks

エロが普及の鍵とかほざく奴の加齢臭がひどい。かつてのVHSはそうだったらしいけど時代が違うから
このエロ供給過剰時代に何言ってんだか
3Dテレビが売れない理由 (via sudoovi) (via reretlet) (via komahiko) (via gkojaz) (via gkojax-text) (via gkojax) (via subdub) (via yellowblog)

なんつうか、余計なコストやオプションが掛かるのはダメだよね。めんどくさいのもダメでしょ。
簡単便利な時代なんだから、軽薄でもあるけど。/

ところで赤ちゃんはなんでもなめたがりますが、この行動に重要な意味があることがわかりました。赤ちゃんの腸内細菌を調べると、生まれたばかりのころは無菌なのですが、その後は大腸菌が急速に増え、つまり悪玉菌が急激に増えるのです。しかし、おっぱいを飲んでいると、ビフィズス菌や善玉菌が増えていきます。

 赤ちゃんは、お母さんの胎内では無菌状態、免疫ゼロで過ごします。しかし外界に出ると、インフルエンザ菌やさまざまな悪い菌がたくさんいるため、対抗できる体を作らなければなりません。そこで、「ちょいワル菌」を体内に取り込むのです。いい菌を入れても免疫は発達しませんから、それがいろいろなものをなめることに関わっているというわけです。

 ですから生まれてすぐ、おっぱいも哺乳瓶も消毒して無菌室のような部屋に入れてしまうと、赤ちゃんの腸はきちんと発達しません。事実、生まれたばかりでアトピーになっている赤ちゃんの便を調べたら、半分近くは大腸菌が一匹もいませんでした。ということは、アトピーになっても治らない。成人になったら、卵も牛乳も受けつけない体になってしまうのです。ですから赤ちゃんには自然にそのまま、好きになめさせたらいいのです。不潔なように見えますが、本当は必要なことなのです。菌の力を借りて、人間の力を強めようとしているわけです。つまり体を強めるためには、「ちょいワル菌」と付き合わなければいけない。いいやつと付き合うだけではだめなのです。それは、動物もやっていることです。

藤田紘一郎氏  ~脳と腸~ - WISDOM (via monoprixgourmet)
To Tumblr, Love Pixel Union